萩寺として知られている最明寺で、癒しの時間を過ごす|高松市

最明寺の萩

「さすがにもう遅いかな?まあ、行くだけ行ってみよう」

お天気が良かった10月初日。
萩寺として親しまれている最明寺に足を運んでみました。

スポンサーリンク

最明寺の萩

最明寺はお寺の敷地外に駐車場を設けています。
指定された駐車場に車を停めて、お寺までは徒歩で。

最明寺

山門のあたりでは白い萩が咲いていました。

最明寺で咲いていた白い萩

山門をくぐって中に入ってみると・・・萩の道。
でもやっぱりもう、盛りはすぎているみたい。
花もかなり散っているし、葉っぱの緑が目立ちます。

最明寺の萩

最明寺の萩

最明寺の萩

「どうぞ、お茶を飲んでいってください」

お接待をやっているとは知らなくて、ちょっとびっくり。
お話を聞いてみると、萩の季節にはこうして本堂を開放しているのだそうです。

最明寺の本堂

最明寺の本堂

最明寺の本堂

机に飾られたザクロやアケビ、小枝を使ったディスプレイが秋らしい。
こういう素朴でさりげない飾りってとっても好き。

丸盆にザクロを飾ったディスプレイ

庭を見ながらお茶をいただきます。
栗は塩を使って茹でているようで、栗の甘さが引き立ちます。

最明寺でのお接待。お茶と茹で栗

庭の垣根(写真の右奥)は刈り取った萩の枝で組んでいるのだそう。

最明寺の庭

なんだかとても居心地のいい空間で、ついつい長居をしてしまいました。

お話をお伺いすると、
萩は8月後半くらいから咲き始めるとのこと。
一斉には咲かず、順に咲いていく感じ。
咲くのはだいたいお彼岸くらいまで。今年のように10月まで残っているのは珍しい。
9月頭からお彼岸までは、お寺で作ったおはぎを用意しているそう。

やはり萩寺は9月上旬に訪問するのが良さそうですね。

最明寺で売っていたお菓子「最明寺 萩ボロン」
「最明寺 萩ボロン」これは市内のお菓子屋さんが作っているものです。

落ちない御石

最明寺の敷地内、自動販売機から上がったところに「落ちない御石」があると教えてもらい、足を運んでみました。

「落ちない御石」への道

坂道を上がると、少し開けた場所に出ます。

落ちない御石

落ちない御石

落ちそうに見えて、落ちない・・・。

梵字のようなものが書かれているのが見て取れます。
不思議なものは信仰の対象になるのですね。

落ちない御石

最明寺の場所

住所:香川県高松市塩江町安原下第1号274

スポンサーリンク

フォローする