八十八ところてん 清水屋「酢醤油+辛子」

つるりとおいしい八十八ところてん、清水屋(きよみずや)|坂出市

香川県坂出市

この記事は香川県坂出市でところてんを食べることができるお店を紹介しています。

暑い季節になると恋しくなるのがところてん

香川でところてんというと、真っ先に思い浮かぶのが八十八(やそば)のところてん 清水屋(きよみずや)です。

スポンサーリンク

八十八ところてん 清水屋(きよみずや)へのアクセス

清水屋(きよみずや)の場所はこちら。
四国霊場第79番札所 天王寺の近くにあります。

雰囲気バツグンの、木々に覆われた食事ができる店舗と、

八十八ところてん 清水屋

その向かいにお土産を売っている店舗があります。
創業は明和元年(1764年)、なんと江戸時代後期からやっているお店なんですね。

八十八ところてん 清水屋

駐車場は少し離れた場所にありますよ。

八十八ところてん 清水屋

八十八ところてん 清水屋

八十八ところてん 清水屋のお店の様子

お店は写真で見ると木々に覆われて夏でも涼しそうに見えますよね。
でも実際は山奥ではなく平地に近い場所なので、夏はそれなりに暑いです。

オープンタイプのお店なので、エアコンも効いてないですよ。

八十八ところてん 清水屋

セルフ方式です。お店のカウンターで注文をします。

八十八ところてん 清水屋

種類はいろいろありますよ。
オーソドックスな「酢醤油+辛子」、関西で好まれる「黒みつ」もあります。
お値段も小皿なら250円~300円くらい。

八十八ところてん 清水屋 メニュー

代金を支払って、席に自分で運びます。
テーブル席と腰掛台があるのでお好きなほうへ。
食べやすいテーブル席は埋まっていることが多いです。

八十八ところてん 清水屋

八十八ところてんを食べる

今回選んだのは、わたしが「酢醤油+辛子」、夫が「ゆずみつ」

八十八ところてん 清水屋

わたしは幼いころからところてんは「酢醤油+辛子」で食べていたので、これが一番しっくりくるのです。

関西育ちの夫は黒蜜を好むのですが、今回は食べたことのない「ゆずみつ」が気になったみたい。

注文を受けて目の前でついてくれるところてんは、角も立っていてとってもきれい。新鮮ピチピチ!という感じ(笑)

八十八ところてん 清水屋「酢醤油+辛子」

酢醤油ですがそんなに酸っぱくないと思いました。
お席には醤油と酢が用意されているので、足りなければ追加でかけることができますよ。

初めて食べてみたゆずみつ。
これ、すごくおいしい!
柚子のさわやかな風味が広がって、ほんのりと甘い。
暑い季節にはさっぱりと食べることができそう。

八十八ところてん 清水屋「ゆずみつ」

写真が古くてきれいではないのですが、以前友人たちと来たときのものです。
右下が「黒蜜」、右上が「黒蜜+きなこ」。角切りタイプもありますよ。

八十八ところてん 清水屋

八十場の霊泉

お店のあるここは八十場(やそば)の霊泉がわいています。

八十場(やそば)の霊泉

悪魚の毒にあてられた日本武尊(ヤマトタケルノミコト)と88名の兵士がやそばの水によって蘇生したという伝承があるんですよ。

また崇徳上皇が崩御された際、亡骸が腐敗しないようにとこの霊泉に浸しておいたとも言われています。

お土産用のところてんもあります

清水屋ではお持ち帰り(お土産)用のところてんもありますよ。

生ところてん(3人前750円)と袋入りのところてん(1個160円)があり、おいしいのはやっぱり生ところてんのほうだそう。

ただし生ところてんの賞味期限は4日間。
袋詰めのほうは約3ヵ月持つのだそう。

八十八ところてん 清水屋

今回は袋入りのほうを買ってきました。
味は「辛子酢醤油」「黒蜜」「ごまダレ」「ゆず蜜」の4種類。

生ところてんだと選べるシロップの種類が増えます。
「コーヒーシロップ」とかあってすごく気になりました。

お店情報

清水屋(きよみずや)
住所 香川県坂出市西庄町759-11
電話番号 0877-46-1505
営業時間 9:00頃~夕暮れ
定休日 12月~3月中旬は完全店休
WEBサイト http://www.yasoba.com/
スポンサーリンク

フォローする